Fundraising for Nepal. 「募金箱設置とご協力のお願い」



ネパールの地震。驚きと声を失いました。。歴史と自然ともに生きる美しいネパールと人々。。

私達、DOJINBARにとってもたいへん縁のある国なんです。
大切な友人がネパールにいます。
お世話になった素晴らしいミュージシャンが、今は日本を離れ、祖国で大切なご家族とネパールで幸せに暮らしています。

無事は確認できていますが、本当に日本におきた地震を思い出すと、、気が気じゃありません。

思いだしたくない身に染みて感じる不安や、カラダの不調なども含め、日に日に新たな問題も増え続ける毎日のなかで、実際にはたいへんなことだと感じています。



⚫︎ ネパール大地震 死者2000人超

26日、カトマンズで、地震により倒壊した家の周りに集まるネパールの人々。(時事通信)
ネパール中部を震源とする大地震で、AFP通信は26日、インドなど周辺国を含む死者が2000人を超えたと報じた。

都市部から隔絶されている農村地域の被害は、地震に伴う土砂災害や通信事情の悪さなどが原因で全容が把握できていない。

犠牲者はさらに増えそうだ。(時事通信)


インドなどの周辺国への被害も伝えられていますが、余震も大きくまだまだ緊張と不安が続きそうですが、今後この地震からの余波が日本へ及ぶ地震の影響にも気をつけたいです。。。

しかし、何よりも今は更新されるニュースを見るたびに被害、犠牲者の人数が増えていくのをみるたびに、ただひたすらに胸が痛むばかりです。。。

お亡くなりになられた各国の皆様、悲しみにくれてるご家族の皆様に、日本より謹んでご冥福をお祈りいたします。


” 大きな余震が続くなかで、さらなる被害にあわれないことを願っています。
東日本の大震災を思えば、被害にあわれた皆様の食事、生活と環境のこともたいへん気になるところです。”


⚫︎ ネパール地震、死者6300人超 登録不備で配給に遅れ

ネパール内務省などによると、ネパール地震による同国内の死者は1日朝までに6198人が確認された。インドなど周辺国を合わせると、死者は全体で6307人になった。(カトマンズ)

被災者に不満「政府は何もしてくれない」
ネパールで4月25日に起きた地震で、同国内には今なお救援物資を待つ人たちがいる。発生から5日がたった30日、首都カトマンズ郊外の村サンクには、ようやく水や食料が届き始めた。

しかし、自治体の住民名簿が整備されていないため配給が効率的に進まず、食料品などの物資は役場で留め置かれた状態だ。
政府の不手際に、被災者の不満が高まっている。。

⚫︎ 15歳少年を5日ぶりに救助

こんな嬉しいニュースもありました。

ご協力お願いします。
Please cooperate with us!

皆様にlittle DOJINBARから、募金のご協力をお願いしています。

先に書かせていただきましたが、ネパール中部で4月25日発生したマグニチュード7.8の大地震。未だ多くの被害者、被害の多くは私達には見えてきていません。

しかし現在、たいへん多くの方達が地震における様々な犠牲になり、家を失い、家族を失い、孤独と不安な毎日を過ごしています。

被災の全容は未だ掴めずにいます。
そんななか、たくさんの国からも救出の手が集まっていますが、ネパールは分断されて、交通、連絡、食料、医療など
生きるための全ての物が不足している状況だそうです。
衛生面でも、健康面でもこのままでは次なる心配がされています。病気が発生すれば、地震以上の被害の拡大が見込まれる話を聞きました。

私達 little DOJINBARもネパールのため、被災地、被災者の支援を行っていくことになりました。



A donation box we were set up in the store

2011年 3月11日 東日本大震災
音+食+縁 DOJINBARは閉店と移転前でしたが、4月には他でのイベントや地方でのツアーなどの予定がありましたが、世間の雰囲気や節電の日々、不安や迷いもありながら、一歩 踏み出すため、皆様のご意見や気持ちを踏まえ、たくさんの協力を得て予定通りに開催もいたしました。そのときに作成した募金箱を、このたび店内に設置をいたしました。


ご来店くださいます皆様へ
私達とともにネパールの支援のご協力をお願いします。

日本のため、日本人の私達ために、世界中の人々、ネパールの人達が手を差し伸べ、手を繋ぎ、助け合えたことを考えました。今、日本人の私達がネパールの人々のチカラになれる時がきました。

ネパール大地震で被災された方々のため、1人1人の思いを募金箱に寄せあいましょう。
心よりのご支援を宜しくお願い致します。



Thank you for your donation!

この募金箱の皆様からの温かいご寄付はネパール大震災で被災された方々への支援活動に、ネパールへ行かれている信頼おける方を介して大切に使って頂きます。また、ご報告もさせていただきます。


その他の募金先として、追記させていただきます。

⚫︎ 募金:窓口まとめ


⚫︎ 信頼できるひとに託す
お世話になっている松岡俊介さんをご紹介します。日本とネパールを行ったり来たりされていますが、ご家族と年の大半をネパールで過ごされています。
松岡俊介さんは日本にいます。しかし、家族に会うために、5/2 ネパールに向かうようです。

現地の銀行の状況は、閉まっているみたいです。5月2日に最初の募金を持って行ってくれます。様々な募金先もありますが、個人的に信頼を置いてる方に送って、すぐに必要な事態や物にたいしてネパールへの募金を使ってもらえるように送りたい方は、こちらの「松岡俊介さん」の営むドリルというネパール製の洋服屋さんにお願いしませんか。どうかご協力のほどよろしくお願いします。


HP:ドリル
入金口座:静岡銀行入野支店(普通)0420082 ドリール株式会社

” 口座は、本来はネパールの口座がいいのですが、状況を考えて、上記の口座へお願いします。お名前の最後に「ネパール」とご表記下さい。”





広告