5月13日 カクテルの日 

アメリカで初めて『カクテル』が紹介された5月13日。
 
なぜ、5月13日が「カクテルの日」なのか?
 
由来は、アメリカの週刊新聞「バランス・アンド・コロンビア・リポジトリ」で「カクテル」という言葉が使われたのが1806年。
 
それに対して読者から寄せられた問い合わせに、初めて「カクテルとは」という定義がされた、活字に登場した日にちなんで、この5月13日を「カクテルの日」、その前後を「カクテル・ウィーク」と呼んでいます。

 

 
とはいえ、日本では、2011年に「カクテルの日」として定めらましたので、歴史から言えばアメリカの方がとても古く、日本はつい最近の出来事ですので、まだ新しい記念日と言えます。
 
BARとひとくちに言っても様々な形態が多く、適当に混ぜて振ってのなんちゃって感のあるお店から、我が家のように音+食+縁とコンセプトのもとに食事や音楽とともに楽しむようなお店も少なくありませんし、昨今では昔のようなバリッとした一杯のカクテルをきちんと作れるバーテンダーも残念ながら少なくなりました。
 

 
昔は、ショットバーなどのこだわりのお酒やオリジナルカクテルを楽しむお店が多い時代がありました。

こじんまりとしたBAR、カウンターのみのお店に一人のバーテンダー、彼らの生み出すカクテルの世界や味わいや優雅な余暇の時間を求めて通うような文化もあったのは、もう少し古く懐かしい、そんな素敵な時間の記憶がある方も多いと思います。
 
 
あのカクテルを飲むならあのお店、あのメーカーで作ってるからあのお店と、私も友達とよく彼方此方に通い楽しみました。新しい出会いや発見を楽しんで何軒もはしごをしたり、食事の後に二軒目として、じっくりと楽しんだり。

BARは、お酒と人の社交の場、出会いの場所でしたね!

時代もあって、こだわりかたも変わってきました。寿司屋なのにBARだったり、カフェや居酒屋やBARやレストランなど良いところをブレンドした、個性豊かな新しい楽しみ方の形態のお店が今では定番となっていますが、
 
それとは別にしてお料理もそうですが、見栄えばかりや「なんちゃって」ではなく、ひとの手により丁寧に作られた銘酒、数々のバーテンダーが伝え続けている伝統と歴史あるカクテルのレシピ、これらに敬意を払って美味しさのひとつとして、良さを伝え続けていく努力だけは忘れたくないと思います。
 
 
時代は良くも悪くも変わり続けるものですが、BAR、バーテンダーとしての顔も大事に、little DOJINBARは、これからもカクテルの魅力や楽しいカクテル文化を、お食事にあわせて皆さんにお伝えしてまいります。
 

 
ぜひ、これを機に親しんでください。

広告